1210年|4月 5月

2019年08月21日

新宮

三日、庚寅(かのえとら、こういん)、天気晴れ。
早朝に御宝前に参った後、御船にお乗りになる〔御船を寄せることは、別当が指図したのか。引き幕を用意し、仮に御船の辺りを引き廻される〕。御先達は御船に参られない。

次の船は小さな屋形を構える。
女房の御船が2艘、同じく小さな屋形がある。

雑人が順番に乗船し先陣。
公卿・殿上人は一人一人私の船を用いる。

楊枝河原で昼御養。入御はない。

午の初め(※午前11時頃※)に新宮に御着きになる。
御輿に御乗りになり、すぐに御参宮。次に御所に御着きになる。
予は宿所を退出して、すぐに参宮・奉幣。この御山の師の小松法橋はすぐに兼ね行う。予は奉幣・経供養以後退出。

御所に参り、夜に入って御奉幣がある。事ごとに本宮のよう。ただし出御のとき御禊はない。お供の人々は奉幣衣裳である。
また若宮殿の御前、一万十万の御前で、併せて取り合い、御奉幣がある〔御輿は本宮での儀式のよう〕。事が終わって礼殿御所に入御。

御明布施〔信能朝臣がこれを取る〕、御誦経〔予がこれを取る
御経供養〔宰相中将がこれを取る〕、御神楽の禄〔庁官がこれをお与えになる〕、
御加持布施〔予らがこれを取る〕、別当の禄〔信能がこれを取る〕、
次に御鉢五口〔御先達がこれを取る。本宮のように簾の下に参る。ただし祢宜は浄衣を差し置く役である〕、次に僧供を引く〔御所に御下がりになる〕。


今日、明日の伝馬のことを重く加え催す。僧綱以下これを進める。公卿・殿上人は庁より伝馬をくださらない。また船がなくその指図をする。七条院の御幸は、殿上人がこれを給うとのこと。良し悪しはどうだろうか。
posted by 藤原頼資&てつ at 02:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28640296
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック